感謝あふれる日✨

皆さん、こんばんは

本日は御聖旅祭ご苦労様です!ありがとうございます

 

今日は支部への参拝道中、自分のいびきで目が覚めた ふぅ が担当させていただきます

(ぐっすり眠れるほど安全運転をしてくれた運転手さんに感謝です)

 

6月8日 御聖旅祭は、霊波25年 (昭和14年) 6月8日、救世主御守護神様が全人類の罪を背負われ、重病の御体で過酷な「神への道」の御聖行へ御旅立ちになられた尊い日です

 

そして、御聖旅祭には、誰もが幸せの道へあゆんで頂きたいとの御慈愛から、「先祖浄霊御祈願」を、この日参拝した方はどなたでも無料で受けられます

 

そんな御守護神様への感謝溢れる大変尊い日に、ふぅも霊波之光北九州支部へ感謝の参拝をさせていただくことができました

 

式典での支部長さんのお話のなかで、大変心に残ったお話がありました。

 

御守護神様が明日をも知れぬ重病の御体で6月8日に御旅立ちになり、川が枯れるほどの大干ばつ真っただ中の四国で御聖行中、必死に水を求めようやくたどり着いた川が水無し川だったという場面をお話しされ、

 

≪汝等、よく聞け。

神に救いを求めるとき、こうした苦に直面しても、大神様の御前に近づくことは許されず。

神の定めし使いですら、こうした苦しみの中に、心の愛を知るための、苦の道を歩まなければならぬのだ。

汝等が温かき我が家にありて、神の救いを得られるために、気随気儘な汝等に、救いの道を開くため、罪を背負いての、神の定めた、この苦があったのだ≫

 

御教え本(赤色の表紙の📖です)の76ページを紹介され、

 

今、私達が苦しい時、御神域に参拝し尊い御祈願をいただき、お祈りのなか御守護神様を求めてあゆんでいくなかで救いの道をいただけるのは、

私達の罪を背負われて御守護神様が言語に絶する過酷な御聖行、神への道をあゆんでくださったおかげであること、

 

もし御守護神様の御聖行がなかったら、、、

例えば、余命わずかと言われた重病の体で救いを求めてきても、余命以上の期間、しかも山へ入り苦しい行を行う必要がありますので行をされてください、と言われる場合も・・・(余命以上の期間、、、手遅れですよねさらに重病の方に山で苦行は難しいです

御守護神様が18年もの間、私達の罪を背負われて御聖行くださったおかげで、私達は、お祈りのなか御守護神様を求め、御教えに沿ってあゆみ、日常生活を送るなかで救っていただけるという、ものすごい御慈愛をいただいていることを教えていただきました!

このお話しを聞いて、御守護神様の御聖行への感謝でいっぱいになりました

そして、御守護神様への感謝の返上をさせていただきたいと思った時、急にふと思い出しました!!

 

そう!!今日、6月8日は ふぅ の御つながり記念日でした!!(気づくのが遅いですね

 

26年前の今日、ふぅの母が以前から何度も体験などをお話ししてくれていた友人に連れられて参拝し、御つながりし、ふぅ家に救いの道が開かれた感謝の日でした!!

 

御つながりする前の様々な辛いこと、御つながりした後いただいた数々の御慈愛、そして、心から日々幸せですと思える現在を頂き続けていることへの感謝が込み上げました

 

ふぅは、心から、御守護神様に御つながりさせていただき幸せです

この心からの幸せを、この感謝を胸に、一人でも多くの方へ御守護神様の事をお伝えさせていただきます!と改めてお誓いしたふぅでした

長文、読んで下さりありがとうございました(*´▽`*)

霊波之光 北九州支部

青年部  ふぅ

コメントを残す