御聖神祭🌸ありがとうございました🌸

皆さん、こんにちはALBUSです

昨日は、霊波104年御聖神祭を無事お迎えすることができました。ありがとうございます平日でしたが、多くの青年部の方々が集まってくださり、喜びで一日、お仕えすることができました

先週の日曜日は、息子と日本庭園を散歩したのですが、梅の花が見ごろとなっていました🌸しかし、3月とはいえ、朝は冷えますね昨日の早朝は、まだまだあたりは暗く、風も冷たく、市街地でも4℃ほどの冬の気候でした誘導に立たせて頂いている時に思い起こされますのは、やはり御聖行の厳しさです。

御守護神様におかれましては、二十一日の断食と凍てつく谷川に御身を沈められての三十五日間の水浴の行を終えられ、昭和二十九年三月六日、引きつけられるように霊鋒山山頂を目指されます。登り始めると間もなく日は落ち、暗闇に包まれます。そんな苛酷な状況の中、私達の幸せのために、何度も岩壁より滑り落ちそうになりながら、暗闇の中を御登りくださいました。

そして、霊鋒山山頂にて、昭和二十九年三月七日、明け方近くまで宇宙神の御教えを御受けになられ、大霊降下を御迎えになられました。この日、私達人類に助け救いの道を開いてくださったのです

もし、この日がなかったとしたら。。。私達は、因縁に苦しむ因果な者として、人生を送るしかなかったのです。気随気儘な私達のために、全人類の罪を背負っての苛酷な御聖行に耐えてくださり、大霊降下を頂いたこの日を御迎えできたましたからこそ、現在私達は幸せに過ごさせて頂くことができます。私達の因縁は、自分たちの心と行いを御教えに合わせ、御守護神様、二代様にとって頂くことで、助け救いの道を頂けます。

今一度、この意義ある日、御聖神祭の尊さを考えさせて頂き、感謝の真心を捧げさせて頂きましょう。御由来を学ばせて頂くことで、御守護神様の御心を深く知ることができます。信じる心が強くなって参ります御聖神祭の御由来は、月刊誌No18、20、24、25に詳しく解説されておりますので、ぜひ拝読してみてください

世の中には、まだまだ御守護神様、二代様の御実在を知らない方々が沢山おられます。おそらく、職場や学校、親戚・家族でも知らない方がおられるかと思います。是非、お伝えだけでもさせて頂き、幸せの道へお導きしましょう幸せの和が広がることで、御守護神様、二代様の御目的であります、人類救済、世界平和実現に一歩一歩前進して行くことができると思います

これから、青年部活動としましては、一年を通して、あゆむ機会が沢山ございます。

毎月、青年部集会、青年部布教、青年部ご奉仕。そして夏には、わっしょい百万夏まつり、秋には青年部滝行と続いてまいります。

是非、参加できるところは、周りの青年部の仲間、また友人、知人を誘っていただき、あゆませて頂ましょう必ず喜びを頂けます共に幸せになっていきましょうよろしくお願い致します

霊波之光 北九州支部

青年部 ALBUS

 

コメントを残す