深まる秋(^^)/

皆さん、こんにちはALBUSです

気温が急に下がり、朝は肌寒いことが多くなってまいりました。秋本番という感じですね私の周りでは、風邪を引かれてる方が増えてまいりましたので、皆さんぜひ体調を崩さないよう気を付けてあゆんで参りましょう

『霊波之光の秋は、信仰の秋』と御教え頂いておりますが、今年の秋は、去年より一層、信仰を深めれる秋になれるといいなと思います

わっしょいも終わり、青年部滝行と行事が過ぎ、今年もだんだんと後半に差し掛かってきました中で、先日ふと初心にかえって、あゆむということも大切な事だと思い、今年の初めに青年部に賜りました青年部のテーマを再度確認してみました皆さん、覚えていますでしょうか

まず、総合テーマですが・・・

『導く』

と頂いておりますそして、行動指針としましては、

『集い ふれあいの中で信じる心づくりを』

と頂いておりました今年を振り返ってみますと、一万人への大布教で手渡し布教ができた方、沢山おられたのではないでしょうか?また、わっしょい、青年部集会などを通して、多くの青年部で集い、色んな地区の部員さんとふれあい、喜びを分かち合う事ができ、信じる心を培えたのではないでしょうか?また、今年は青年部布教も定期的にできるようになってまいりました良い感じで青年部のあゆみは、進んできているように感じます

ですが、時は『信仰の秋』いま一歩、あゆみを進めていけるといいですよね

それには、やはりテーマであります『導く』を常に心に刻んで日常をあゆむことだと思いますお導きには二つの意義があります。一つは『入信』、御守護神様と御つながりするよう導くことです。もう一つは、御つながりした方が御教えを理解し、喜びであゆめるように導くことです。

意義の一つ目は、よく考えると思うのですが、二つ目は意外と忘れがちになってますよねですが、この二つ目に関しては、日常から心がけやすいと思います同じく青年部としてあゆむ仲間に『ふれあい』にいったり、会合、集会、参拝などに誘ったりすることも『導く』ことにつながると思いますそして、それを心がけていきますと、行動指針であります『集い』につながって、幸せの道に入っていける青年部の仲間がどんどん増えて行くと思います。

今週の日曜日は、支部で『青年部集会』が午後13:30より集会室2にて行われます普段参拝されない部員さんや青年部活動に参加したことがない部員さんなどおられましたら、ぜひ声をかけてみて下さいその一声は、その方が幸せに導かれるきっかけとなります。その一声が『導く』につながります

今年も2ヶ月とあとちょっと

霊波103年後半もテーマであります『導く』を心にファイトを持って、御守護神様、二代様の御心に沿い、三代様と共に、人類救済、世界平和実現に向かって、青年部一同、前進して参りましょうよろしくお願い致します

霊波之光 北九州支部

青年部 ALBUS

コメントを残す